読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなみかぜかおる

ハワイ挙式が素敵だったことを思い出してみよう

個人手配した、ハワイ挙式の格安な見積りを公開するよ(キャルバリー教会)

過去のメールより掘り起こしてきました。

個人手配により、ハワイのプロデュース会社さんと

直接メールのやり取りのみで、ハワイ挙式での見積りになります。

まずはじめに、プランナーさんからオススメされたプランがこちら

 

(基本プラン) 

挙式費用 キャルバリー教会 

教会使用料(1時間挙式)
牧師謝礼
オルガン奏者
シンガー
お世話係
結婚証明書
リムジン送迎


(オプション)

フラワーシャワー
写真撮影(フォトツアーなども含む)

アルバム作成
DVD撮影

リハーサルメイク

本番メイク

ブーケ

レイ

送迎車 ゲスト様用

と以上の提案がありました。

当時2013年ですが、これだけのオプションをつけても

総額が、$2,690と今日の為替(114円)で計算しても

30万円ちょとで挙式可能でした。

※衣装代は別になります。

 

今見ても、良心的な価格だと思います。

 

しかも当時は、1$=80円台という時でしたので

23万くらいでしょうか。

 

ここから、

◎実際に選んだオプションは

 

フラワーシャワー
写真撮影のみ(挙式前ホテルから挙式までの撮影)

本番メイク

ブーケ

送迎車 ゲスト様用

 

◎選ばなかったオプション

 

写真撮影(フォトツアーは別にカメラマンを手配)

アルバム作成(自分たちで作成すればいい)
DVD撮影(夫婦で一致の後で見たくない)

リハーサルメイク(プロの腕を信じて、髪型は決まっている)

レイ(主人が、花の汁で衣裳が汚れるのではないかと懸念)

 

選ばなかったオプションですが、

アルバム作成が結局未だにされていないので、選んでもよかったと思います。

撮影データは、たくさんいただいてるので作成可能なのですが

やっぱり、セレクトして製本するとなると面倒でした。

 

最終の見積り額は、$3,046と記録にありました。

削れたところはあったのですが、

ブーケをフラワーアーティストさんにお願いし

その際の、デリバリー料ですとか写真のデーターを郵送する

送料と行った細々したものが加算され、提案されたものよりオプションを

削ったものの高くなりました。

 

ブーケは、妥協せずイメージしたものをお願いし

今も、ちょっと高かったオプションだなっと

節約挙式でしたが、1つ贅沢させてもらいました。

f:id:minamikazekaoru:20161207160511j:plain

 

当時の1$=85円で計算すると(243,600円)になりました。

現在の1$=114円で計算すると(347,130円)になりますね。

 

後は、挙式の衣裳と小物になります。

衣装代も良心的な価格で、お願いしてもよかったのですが

 

やはり、ハワイ挙式の口コミなどを見ると悲惨な体験談もあり

持ち込むことにしました。

 

今、思うとこちらのプロデュース会社様が結構しっかりしていたので

お願いしても大丈夫だったと思いました。

 

(まとめ)

オプションの追加や変更は、随時可能ですので

こちらは、ギリギリの申し込みでも難なくこなす事ができました。

 

そして、次回記事は。。。

ギリギリの準備だったので、ドレス選びでも難航しました。

ハネムーンにふさわしかった♡ハレクラニはやっぱり「天国にふさわしい館」だった

前回、式場を決めたところはまで記事しましたが

メール履歴を追っていくと

ホテルが取れなかった為、候補日を変更したいという文言が見つかりました。

 

なんと会場は、ギリギリ押さえられたものの

ハネムーンのみ方々も多いハワイです。

4月の初旬でしたが、5ヶ月前というのに希望日が

満室といった状況でした。

 

取り急ぎ、空いている候補日をプランナーさんへメールで相談し

なんとかホテルと会場の確保ができました。

 

ハネムーンホテルに選定したのが、ハレクラニでした。

f:id:minamikazekaoru:20161207144645j:plain

海が近いので、波の音がしてきて癒されれます。

ラナイもいい感じでした。

f:id:minamikazekaoru:20161207144744j:plain

アサイーボウルを買って食べたりもしました。

f:id:minamikazekaoru:20161207145026j:plain

f:id:minamikazekaoru:20161207144958j:plain

オーシャンビューでしたが、このくらいの眺望でした。

 

f:id:minamikazekaoru:20161207144615j:plain

 

みなさんのブログを拝見したところ、

オーシャンビューでそれなりのクラスなら

どのホテルに泊まっても大差はなさそうで、満足の様子でした。

 

今回、ハワイのプロデュース会社さんへは経費節約の為

挙式のみをお願いし、家族との食事会などのは

自分たちで、個人手配しました。

 

ウェブ上のフォームを使用して

 

予約ができました。

 

今現在、ハレクラニのオーキッズをHPを確認したところ

以前のようなウェディングランチメニューも見当たりませんでした。

 

もしかしたら、代理店を通してでしか受け付けていないのかもしれません。

下記の問い合わせ口から、「披露宴ランチ」という項目がるので

もしかしたら、こちらから相談可能かもしれないです。

 

www.halekulani.com

 

 

最後まで、候補に上がったホテルが

ロイヤルハワイアンホテルでした。

こちらは、現在調べてきたところ直接見積りフォームなど

詳しい詳細がありました。

 

jp.royal-hawaiian.com

 

実際に、親族との食事会を行なったハレクラニのオーキッズですが

お料理の評判の高いことと

4人以上になると、生花のついた15cmのラウンドケーキに

無料で変更されます。

 

ハレクラニのウェディングケーキは、とても人気で

わざわざハレクラニのケーキを別の挙式会場に持ち込む方も

いらっしゃるくらいです。

 

その憧れのケーキとまではいきませんが、コース料理のデザートを

変更できる点は大きかったので、決め手となりました。

 

もう1点は、ホテル内撮影です。

挙式前の撮影がホテル内でできるのですが、

こちらもなかなかのロケーションでよかったことです。

 

ホテル内の撮影は、意外とあっさりされるのかなぁっと思っていたので

この辺は、重視してませんでしたが

 

当日は、ゆったりとカメラマンさんが、色々な場所を選んで撮影してくれました。

ここで、撮ってもいいんですか?と質問してまい

別料金では、ないのですか?という気持ちにもなりましたが

追加料金はありませんでした(笑)

 

ホテル内のロケーションも選定の要素としてもいいと思いました。

 

前回、ハワイと訪れた時は、ハイアットリージェンシーに宿泊しましたが

ハレクラニは、落ち着いた雰囲気でビーチへのも近く

快適に過ごせました。

 

個人手配より、割高になってしまうと思いますが

こちらのポータルサイトからも、予約可能です。

www.veltra.com

ちなみに

こちらのサイトでは、オプショナルツアーなどを依頼しました。

 

(まとめ)

ハネムーン利用の多いホテルは、とりあえず早めに予約をしましょう。

ツアー予約は、だいたい31日前まではキャンセルは無料です。

詳しくは、申し込み時の「キャンセル料」をチェックしましょう。

 

実際、私たちもJTBで予約をとり、JALパックの方が

料金が安くなっていたので、キャンセルし変更しました。

 

次回は、オプション内容や費用について記事にしたいと思います。

 

個人手配で、ハワイ挙式の会場決定までを語るよ(会場は、キャルバリー・バイ・ザ・シー)

前回記事の続きですが、

予算の都合上

ハワイ現地のプロデュース会社さんへと依頼をすることになりました。

依頼方法は、直接ハワイのプロデュース会社さんへ

問い合わせフォームから、

希望日時や必要事項を入力しメールを送るという作業だけでした。

 

一番の希望とも言える

「海の見えるハワイの挙式会場」という事で

具体的な会場(ロケーション)が決まっていませんでしたが、

 

そもそもハワイには、当時も今も

「海の見える教会」は1つしかありませんでした。

という事で、すぐに会場が決まりました。

 

チャペルといった。日本の結婚式会社が建設した建物はありますが

ワイキキホテルから離れていたり

ワイキキ近くに建てられた、当時新規の会場もありましたが

情報が少なく、決定に至りませんでした。

 

こちらの唯一海の見える

「キャルバリー・バイ・ザ・シー教会」は

ワイキキから、車で15分くらいと移動も楽です。

 

ハワイ・オアフ島で唯一海辺に立つ教会 キャルバリー・バイ・ザ・シー オフィシャルサイト

 

会場が遠くなれば準備時間の開始も早くなりますし

ドレスを着ている時間も長くなります。

参列してくれる家族の負担にもなります。

 

そして、歴史ある教会ですので

地元の方にも愛されているようですし

今も現存しています。

 

またハワイを訪れた時に、挙式を挙げた会場が残ってるのは

嬉しいですよね。

 

というわけで、かなりのんびりしてしまい。

会場を決めたのが、式を挙げる5ヶ月前でした。

 

ハワイの雨季を避け、なおかつ旅行代金が確定しているところで

安い4月に挙げることに決まりました。

 

今思うと、かなりギリギリの決定だったと思います。

日程と場所が決まれば、あとはオプションの打ち合わせに向けて

頑張るだけです。

 

日程は、暦を気にしていましたが、日本時間だと日がいいけど

ハワイ時間だと日が悪いとか、など色々ありましたが

みなさん、やはり、日本の大安、友引から埋まってました。

 

こちらの「キャルバリー・バイ・ザ・シー教会」の口コミや写真を

当時調べていましたが、薄暗い写真なども見受けられ

写真の上がりも気になり、選ぶのに躊躇した点でもあります。

昔ながらの教会ですので、自然光がポイントとなるようです。

 

みなさんの口コミや写真を考慮した結果

式は、午前10時を選択しました。

写真は、ライティングが大事ですので

自然光が確実に確保できるであろう時間を選びました。

 

今は、カメラの性能も上がっているので

少しは状況も変わってきていると思います。

 

当時実際の2013年4月の午前10時の光の具合は、

こんな感じで問題なく綺麗な写真が撮れました。

f:id:minamikazekaoru:20161207121029j:plain

海の近くで、風の通りもよく

暑さをあまり感じず、花嫁や参列者が汗だくになるような状況はありませんでした。

実際に、会場から海を見ることはできませんが

お庭での撮影が可能で、綺麗な芝生と海で写真を撮影することができます。

 

こちらも実際の写真です。

f:id:minamikazekaoru:20161207123834j:plain

 

歴史を感じる写真より素敵な教会でした。

会場に入るまでは、心配でしたが本当にこの教会を選んでよかったと

今でも思います。

 

仮予約は無料でしたのので

早めに会場だけでも、押さえる事をオススメします。

 

 

現在もお願いしたプロデュース会社さんのHPを確認したところ

仮予約は、1回まで無料となってました。

 

有料ですが、申し込み後の日程変更もできます。

正式申し込みをするまでは、高額なキャンセル料もないので

6月などのハイシーズンなどは、やはり1年前くらいから

押さえてもいいと思います。

 

(まとめ)

見積り内容は、結構ギリギリまで変更追加ができるので

まずは、会場を早めに決めて押さえましょう。

 

会場決定後に、すぐに壁がありましたので

続編はホテルを語りたいと思います。

 

minamikazekaoru.hatenadiary.jp

 

個人手配で格安で挙げた、ハワイ挙式が素敵だったことを思い出してみよう

2013年にハワイ挙式で、結婚式を挙げました。

当時は、環境の変化もたくさんあり、バタバタだったけど

今振り返ると、とてもいい思い出でした。

 

結婚前に、新居に引越したにも関わらず、

すぐにマンション購入をしてしまったので、結婚式の費用がありませんでした。

結婚式を挙げなくても、いいかなぁっと私は思ってましたが

主人が絶対反対という事で、半ば強制的に結婚式の準備をすることになりました。

 

主人から理由を聞くと

会社の既婚者の方々は、口を揃えて言うそうです。

「結婚式は、必ずした方がいいし、できるだけ奥さんの要望を叶えるように」と

後々、「結婚周り(プロポーズを含め)で不満がった場合」

喧嘩のたびに、奥さんから一生言われるということを聞かされていたようです。

 

とはいえ、先立つものがなかったので

ハワイ挙式&ハネムーン予算を作るために

月10万ずつ貯金をし120万を資金に、1年後にハワイ挙式をした時の話を

思い出していきたいと思います。

 

当時、「海の見える、ハワイで挙式」を挙げたいという

ただそれだけを胸に抱きつつ、何も具体的なプランもありませんでした。

 

まずは、ネットで「ハワイ挙式」などと調べ

挙式をプロデュース会社や旅行代理店の企画しる会社さんへ

見積もりをしてもらいに出かけました。

 

4〜5社見積もりをしてもらいましたが、

金額に愕然とします。

豪華な式は望んでいなかったので

条件といえば「海の見えるハワイ挙式」という事でした。

 

結婚式って、オプションが高いんでしょう?って思っていましたので

 

オプションも最低限のもので、

どこの会社さんでも似たような、100万前後の見積り金額結果でした。

 

見積り料で、中でも目を引くものは、アルバム作成料が高すぎます。

こちらは、絶対にセットの中に組み込まないと挙式をあげる事ができない

と言うシステムになっていましたので、削り用がありません。

 

しかも、現地のカメラマンのレベルがわかりません。

各カメラマンの作品集を見ることもできますが、

指名料がかかりますし

アルバム代を含めると何十万の費用がかかります。

 

モデルをしているので、カメラマンさんとヘアメイクさんへの

ギャラの感覚はありますが、ブライダルという事を考えても高いです。

 

最近は、カメラの性能も上がっているので親族に撮影してもらうのも手ですが

挙式中は、撮影禁止、外での撮影もハワイでの撮影許可申請もあり

そこまで、手配はできないと思いました。

 

確かに、日本からカメラマンとヘアメイクさんを持ち込みで

挙式をあげる方の気持ちがわかりました。

 

次に衣裳も大事な要素の一つです。

ドレスの持ち込みは、持ち込み料を支払うことによって

できる会社もありましたので、衣裳の失敗は間逃れそうでした。

 

そんなこんなで、とても資金が旅費を含めて

120万では足りなさすぎるという事で、放置することにしました。

だいたい、これが挙式をあげる前の1年前の話です。

 

そして、放置すること半年とちょっと

生活も落ち着いてきて、主人から結婚式の準備をするように

プレッシャーをかけられます。

 

格安プランで、適当に挙げてもいいっか

旅行するには、十分資金があるしとか思いつつ

ネットで検索を始めたところ、あるではないか安く挙げられる方法

 

よく調べると、直接ハワイの現地プロデュース会社と直接打ち合わせて

挙式する「個人手配」という方法です。

こちらの方法で、かなり挙式代を節約する事ができました。